新着情報

国際交流

一生の思い出に

2週間のリターン・ビジットが終わり、ゲスト生が帰国の途につきました。

夏の日差しが降りそそぐ中、近い将来の再会を約束して、バスを見送りました。

ホストファミリーを引き受けてくださった皆様、また北米研修プログラムを支え、協力してくださった皆様、ありがとうございました。

Dsc_54162_2

Dsc_54112_2

Dsc_54002_2

Dsc_54742_2

Dsc_54702_2

Dsc_54852

シンガポールイマージョンプログラム 現地報告③

シンガポールに着いて初めての週末です。

3

土曜日は朝ごはんを食べてからガーデンズ・バイ・ザ・ベイに行きました。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイはシンガポール最大の植物園として有名な観光スポットです。巨大なガラスのドームの中に入って花園や寒冷な高山を見たり、高さ約50mの人工の木のところで写真を撮ったりしました。

2_3

モールでショッピングを楽しんでから、セントーサ島に移動しました。セントーサはシンガポールの南にある島で、ビーチやさまざまなアトラクションがあります。自由時間の後、島にあるレストランで夕飯を食べ、レーザーショーを見てから寮に戻りました。

2_4

日曜日の午前中はシンガポール国立博物館に行きました。シンガポールの誕生から現代までの歴史に触れることができました。お昼はインドネシアやマレー系の民族やお店が集まるブギスという街に行き、自由時間を過ごしました。近くにあるモスクも訪れ、参拝する人々や建物の装飾を見ることができました。

2_5

カルチャーデイ

7月30日(日)、リターン・ビジットでホームステイ中のゲスト生を招き、山手父母の会主催によるカルチャーデイが開催されました。

Dsc_5327_2

Dsc_5323_2

書道・茶道や浴衣の着付けなど日本の文化を体験したほか、新体育館では吹奏楽部・筝曲部・ダンス部・チアリーダー部・空手道部・剣道部のパフォーマンスが披露され、大いに盛り上がりました。

Dsc_5352

Dsc_5374

また、山手学院後援会のご協力により「和太鼓グループ彩」の皆さんによるパフォーマンスも楽しむことができました。ゲスト生だけでなく、山手生もその迫力に圧倒されていました。

Dsc_5389

シンガポールイマージョンプログラム 現地報告②

今日でACSでの第1週が終わりました。

午前中はこれまでどおり授業に参加し、お昼ごはんを食べてからパブリックスピーキングの授業を受けました。生徒はそれぞれ違うグループに分かれ、演説文を読む練習をしました。難しい内容でしたが、お互いに助け合いながら読むことができました。

2

パブリックスピーキングが終わってからは、自分たちが希望した部活に参加しました。勉強以外のスポーツとアクティビティを通じて、ACSでの学校生活を体験することもできています。

昨日の遠足ではCity GalleryとChina Townに行き、シンガポールの歴史を学びました。

2_2

2_3

シンガポールイマージョンプログラム 現地報告①

シンガポールイマージョンプログラムの現地からの報告が届きました。

2

こちらでのプログラム初日の朝、この2週間一緒に学校での時間を過ごすACSの生徒に会い、さっそく授業に参加しました。生徒はそれぞれ異なるスケジュールで動きますが、日本語のクラスやパブリックスピーキングのクラスのときは、山手生は同じ授業を受けました。日本語の授業では、ACSの生徒に日本語を教えたりゲームをしたりしながら、お互いに親しくなることができました。みな自分なりに頑張って発言し、積極的に授業に参加しています。パブリックスピーキングの時間には、どうやって効果的に自己紹介をするかについて学び、楽しく練習していました。

2_2

2日目は午後からシンガポールツアー。リバークルーズで移動し、降りてからは街を歩いて観光しました。一日のスケジュールが終わって寮に戻るころには疲れ気味でしたが、しばらく休んで夕飯を食べてからは復活。みな元気に過ごしています。

2_4

シンガポールイマージョンプログラム出発

山手学院とACS International が相互に訪問し合うシンガポールイマージョンプログラム。

今年も中学3年生と高校1年生の計24名が無事シンガポールに到着し、2週間のプログラムが始まりました。

Image12

Return Visit 2017

7月22日(土)、4月の北米ホームステイで訪問したアメリカ・カナダの7都市から256名の生徒を迎えて、今年もリターン・ビジットが始まりました。

絆を深め、多くの思い出ができますように。

Dsc_52992

Dsc_53152

山手学院模擬国連(YMUN)

7月8日(土)、山手学院模擬国連(YMUN)を開催しました。

総勢30名の生徒が「大使」としてそれぞれの国を担当し、活発な議論を行いました。

昨年より始まったこの模擬国連は、12月に次回を予定しています。

P101001312

P101001012_2

P101002512_3

P101000812_2

P101003012_2

第49回北米ホームステイ 出発

本日、生徒471名、引率教員23名が、アメリカ・カナダの7都市に向けて出発しました。訪問地からの報告が届き次第、お知らせします。

Dsc_3923

Dsc_3907

Dsc_39162


UNIS-UN

ニューヨークの国連本部で開催されているUNIS-UN(国連学生会議)に、山手生3名が参加しています。

Migration: Crossing the Lineをテーマとした国連本会議場での討議や、国連高校の生徒との交流をしています。

2017unis1_2

2017unis2

2017unis3_2

Page Top:このページの先頭へ