新着情報

山手の日々

図書委員会による朗読会

秋の読書週間に合わせ、11月7日、8日、9日に、図書委員会による朗読会「朗らかに本を読まんとする会」が図書館で行われました。この日のために、図書委員会は一学期から練習を重ねてきました。指導に当たってくださったのは、土曜講座でも講座を担当されている藤井和恵先生です。

梶井基次郎、太宰治などの文学作品、工藤直子の詩、おなじみの海外作品であるジュール・ヴェルヌ、人気作家の西尾維新、額賀澪と、参加生徒たちが自分で読みたいものを選びました。このため、たいへんバラエティに富んだ朗読会になりました。いつもとはすこし違うお昼のひとときを過ごしていただけたのではないでしょうか。

Img_88682

Img_88702

お仕事塾 SONY「ゲーム制作と理科の意外な関係」

10月19日(金)、中間試験の最終日に第4回お仕事塾「SONY ゲーム制作と理科の意外な関係」が開催されました。

中1・中2の40名が参加し、ゲーム制作において物理や数学がどのように生かされているか、楽しく学びました。SONYの方からは「世界中の制作者たちと毎日やりとりしながら制作していくので、英語はもちろんのこと、相手の意見を尊重する思いやりの心が大切です」とのお話がありました。

ほとんどすべての生徒が、「もっとたくさん勉強しよう」という感想を述べていました。

4sony2

トライアスロンリレーに挑戦

10月8日(日)、東京都立城南島海浜公園で開催された「第7回東京・江戸前トライアスロン2017」に、高校1年の荻本沙耶さん(水泳部)、鈴木広直君(マウンテンバイク部)、髙田大道君(卓球部)が参加しました。

スーパースプリントトライアスロン・リレーの部(スイム350m/バイク16km/ラン5km)に出場した3名は、「タフな奴ら」のチーム名どおり力を発揮し、同部門で見事優勝しました。

Img_23381_3

Img_236412

Img_23361_3

LINEについて考える

9月8日(金)、中学2年生は「学年の時間」にLINE株式会社より講師をお招きして、クラスごとにワークショップを行いました。LINE上での表現のみならず、コミュニケーションそのものについて考える時間になりました。

Line12

夏休みの職場体験

キャリア教育の一環として、中学3年生・高校1年生が夏休みにさまざまな職場体験をしてきました。その一部をご紹介します。

日本放送協会(NHK)…ニュースができるまでや番組制作倫理について学ぶとともに、スタジオの見学などもさせていただきました。

Photo

キヤノンマーケティングジャパン株式会社…キヤノンの歴史と企業CSRの取り組みとしての製品リサイクルについて学んできました。

Photo_2

ヤフー株式会社(Yahoo! JAPAN)…会社のこれまでについてや経営理念のお話、乗り換え検索やニュース作成に関わる現場の方のお話を伺いました。 

Photo_3

東京国立博物館…体験コーナーで来館者に説明などをしました。外国からの来館者が多い中で、積極的に英語で受け答えをする姿は立派でした。

Photo_4

「核軍縮」を討論(全国高校教育模擬国連大会)

8月7日・8日、東京・代々木のオリンピックセンターで、全国高校教育模擬国連大会が行われました。全国から約500人の生徒が集まり、「核軍縮」をテーマに議論を交わしました。

山手学院からは高1荻本沙耶さん、柿木結有さん、佐藤里莉夏さん、髙口紗英さん、長谷川万裕さん、山本采花さんの6名が参加しました。事前のリサーチ、当日の交渉と、非常に大変な活動ですが、みんなよく頑張り、有意義な2日間となりました。

Img_20170808_1621492

Img_20170807_1201472

GLBCキャラバン・トラノモン

7月23日(日)、虎ノ門ヒルズにて開催された「GLBCキャラバン・トラノモン」に高1・高2の生徒5名とヤキマからのリターン・ビジットのゲスト生2名が参加しました。

デバイスを使わないプログラミングを学んだあと、AIについてグループごとに発表に取り組みました。初めて会った他校の生徒たちとの日本語・英語を交えた熱いセッションでした。

20170723glbc12

Glbc2

※GLBCキャラバン:グローバル・リーダーシップ・ブートキャンプ(Global Leadership Boot Camp)の頭文字をとって“GLBC”。GLBCは問題解決やチームワーク、コミュニケーション、情報リテラシーといった21世紀型スキルの向上を目指す、アクティブ・ラーニングを主体とした中高生向けの学修プログラムです。

お仕事塾 日本航空「パイロットの仕事」

7月12日(水)、日本航空の粉川拓志機長をお迎えして、第3回お仕事塾「パイロットの仕事」を開催しました。中1から高2の87名の生徒が参加し、熱心に聞き入っていました。

中3生、金崎太郎君の感想です。「パイロットの方から、パイロットになるために必要なことや仕事の内容、体験談をお聞きし、今まで以上にパイロットという仕事に興味を持ちました。次に飛行機に乗るときには、今日お聞きしたことを思い出しながら乗ろうと思いました。」

Jal

※「山手学院お仕事塾」は、さまざまな業種の方のお話をうかがったり、仕事を体験したりして、「未来の自分づくり」の糧にすることを目的に開催しています。第1回はみずほ銀行、第2回はTBSの方々をお迎えして勉強しました。

2

Tbs2_2

山手学院模擬国連(YMUN)

7月8日(土)、山手学院模擬国連(YMUN)を開催しました。

総勢30名の生徒が「大使」としてそれぞれの国を担当し、活発な議論を行いました。

昨年より始まったこの模擬国連は、12月に次回を予定しています。

P101001312

P101001012_2

P101002512_3

P101000812_2

P101003012_2

明治大学模擬講義

6月5日(月)、高校2年生を対象に明治大学の模擬講義が行われました。今年は商学部の鳥居高教授に「変貌する東南アジア経済と日本企業の新たな展開―『消費者化』と域内経済拡大―」をテーマに、また理工学部の野口裕准教授に「有機エレクトロニクス」をテーマに、それぞれ講義していただきました。ふだんの授業では聞けないような難しくも興味深い話に、多くの生徒が熱心に耳を傾けていました。Dsc_46872

Dsc_46902

Dsc_46962

Dsc_46992

Page Top:このページの先頭へ