新着情報

山手の日々

2022年1月14日 (金)

カタルーニャ語で日本文学選集

昨年11月末の日経電子版の記事に本校一期生の、法政大名誉教授でカタルーニャ文学研究者の田澤耕氏が編集された「カタルーニャ語版日本文学選集」全10巻刊行に関する記事が掲載されました。第一線で活躍されている姿は在校生にとっても大きな刺激になると思います。今後のさらなるご活躍を願っております。

 記事へのリンクはこちらから

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD071BR0X01C21A1000000/

01_3 

2022年1月11日 (火)

模擬国連(YMUN)

 12月27日、中3〜高2の生徒が参加して山手学院模擬国連(YMUN)を行いました。今回の議題は「国連の安全保障理事会改革について」です。国連ができてから70年以上が経ちますが、安全保障理事会の常任理事国は発足当時と変わらず、その常任理事国(五大国)のうち1カ国でも反対すると決議されないルールとなっています。加盟国も大きく増加し、国力も当時とは変化している今日、安保理の理事国数や、いわゆる拒否権などについて考えてみようというものでした。
 なかなか難しい議題でしたが、参加生徒の皆さんはよく下調べをし、当日も頑張って発言していました。会議の流れに合わせ臨機応変に議論をするのは難しいことですが、活発な議論ができており、生徒たちの能力の高さを感じました。

01

2021年12月23日 (木)

卒業生キャリア講話(中学二年生)

中学2年生 卒業生キャリア講話 

 第31期卒業 岡村紘野(おかむら こうや)さん 

 12月8日(水)中学2年学年の時間では、二学期に連続して行ってきた「自分の価値観を疑う」というテーマと、これから中学3年にかけて学ぶ、「仕事とは何か・どんな未来を作りたいか」というテーマの架け橋となる「卒業生キャリア講話」として、31期の岡村紘野さんをお招きしました。岡村さんは松竹株式会社の映像企画部でプロデューサーとして活躍していらっしゃいます。山手学院中学時代から就職に至るまで、様々な困難や軋轢に遭遇してきた岡村さん。その岡村さんを現在の道に導く大きな役割を果たしたのが、続けてきた大好きな野球と「男はつらいよ」との出会いでした。

続きはこちら → kyariakouwa_20121209.pdfをダウンロード

Img_1912_2

2021年12月20日 (月)

YSF21

関東学院大学にて行われたYSF(Yokohama Student Forum)2021に、高2生の前谷さん、安原さん、大嶺さんの3名が参加をしました。主催校含めた11校より生徒が集まり、「COEXISTENCE WITH NATURE」をメインテーマに、トピックごとのプレゼンテーションやグループディスカッションを行いました。YSFは、発表や議論だけでなく、些細な会話ですら英語のみでやりとりするオールEnglishの高校生会議です。
山手学院から参加した3人は、「International Cooperation」についてプレゼンテーションを行い、見事「Most Impression Presentation 」を受賞しました。

011

2021年12月10日 (金)

Grassroots 最終発表終了!

  1学期から行ってきたGrassroots Innovator Program の最終発表会が12月4日(土)行われました。

  予測困難、めまぐるしく変化する時代のなか、正解のない問いに挑み失敗を恐れないチャレンジ力を育むプログラムです。そして目指すところは「幸せになる人を増やす」こと。世の中の課題を発見し、その解決の手法を学んできました。

今年度は中3高1男女混合のグループを編成し、課題解決に取り組んで来たことで「協働」することも学びました。

 <各グループのプロダクト>

・山手坂が楽に上れる、靴のすべり止め

・傘の置き忘れをなくす、リュックにとりつける傘収納バッグ

・iPadも導入され、さらに狭くなった机上に追加のスペースを確保する本立て

・雨の日に濡れた靴や靴下を学校や職場で乾かす「早乾くん」

 「困っている人を幸せにしたい」温かい気持ちが根底にあるプロダクトでした!よく考え、よく話した半年間だったと思います。お疲れ様でした。

01

02

2021年12月 6日 (月)

第42回 神奈川県教職員剣道選手権大会

11月28日(日)に大船高校で開催された第42回 神奈川県教職員剣道選手権大会
選手権の部におきまして本校教諭の小田野先生が準優勝されました。
おめでとうございます!

011

2021年12月 2日 (木)

中学2年学年の時間「LGBT(Q)について」

11月24日に、二学期に継続して行っている「自分の思い込みを疑う」の第5回として「LGBT(Q)について」の授業を、「障がいについて」の講演もしていただいた京都大学大学院の平沢直樹さんに行っていただきました。

詳しい記事はこちら → LGBTQ_20211124.pdfをダウンロード

Img_1894_2

2021年11月12日 (金)

中学2年学年の時間「自分の思い込みを疑う」

中学2年では「自分の思い込みを疑う」というテーマで全9回の授業を行っています。自分の思い込みが差別意識を生んだり、知らないうちに他人を困らせていたり、他人の苦しみに気づかずにさせていないか。もっと積極的に、そのような世界の様々な問題を解決するために自分に何ができるか、それを考え、将来の仕事にも結びつけていくことを目的とした授業です。3回目の今回は「国境なき子どもたち」から大竹綾子さんをお招きしておはなしを伺いました。

詳しい記事はこちら → ninen_hinkon_20211110.pdfをダウンロード

Img1842

2021年10月26日 (火)

神奈川県高等学校英語スピーチコンテスト

令和3年度神奈川県高等学校英語スピーチコンテスト

10月17日(日)に神奈川県高等学校英語スピーチコンテストが開催されました。

予選審査を経て、<総合部門>において高校2年の大田さんが優勝しました。

また、一般部門では同じく高校2年の前谷さんが本選に出場しました。

努力を重ね、県大会という大舞台で2人が堂々とスピーチをした事を誇りに思います。

総合部門で優勝を飾った大田さんは関東大会への挑戦が続きます。頑張ってください!

021

012

2021年7月 8日 (木)

中学二年生学年の時間「夢に生きろ!」

7月7日(水)学年の時間では、本校の保護者で、株式会社サンパワー代表取締役社長である川村拓也さんをお招きしてお話を伺いました。題して、「夢に生きろ!」。グラミン銀行創設者のムハマド・ユヌス氏とバングラディシュで合弁会社を立ち上げ、「『世界中の人を幸せにしたい、平和にしたい』という想いのもと、ソーシャルビジネスの世界へ飛び込」まれた川村さんからお話を伺い、自分たちの未来について考えました。

詳しい記事はこちら → chuu2yumeniikiro_2021708.pdfをダウンロード

Img_1677

Page Top:このページの先頭へ