新着情報

国際交流

山手学院模擬国連(YMUN)

7月8日(土)、山手学院模擬国連(YMUN)を開催しました。

総勢30名の生徒が「大使」としてそれぞれの国を担当し、活発な議論を行いました。

昨年より始まったこの模擬国連は、12月に次回を予定しています。

P101001312

P101001012_2

P101002512_3

P101000812_2

P101003012_2

第49回北米ホームステイ 出発

本日、生徒471名、引率教員23名が、アメリカ・カナダの7都市に向けて出発しました。訪問地からの報告が届き次第、お知らせします。

Dsc_3923

Dsc_3907

Dsc_39162


UNIS-UN

ニューヨークの国連本部で開催されているUNIS-UN(国連学生会議)に、山手生3名が参加しています。

Migration: Crossing the Lineをテーマとした国連本会議場での討議や、国連高校の生徒との交流をしています。

2017unis1_2

2017unis2

2017unis3_2

Yokohama Student Forum

12月17日(土)、横浜商業高校国際学科が主催するYokohama Student Forumが行われ、山手学院から4名の生徒が参加しました。

この会議は、ニューヨークのUnited Nations International Schoolが行っているUNIS-UN会議をモデルにしている模擬国連です。すべて英語で進行され、午前中は各校「Affluence」に関連するテーマでプレゼンテーションをし、午後から12のディスカッショングループに分かれて、午前中の発表をもとに活発な討議が行われました。

本校の生徒は、「Gender Equality」をテーマにプレゼンテーションをし、11校の発表校の中から優秀賞に選ばれました。

Img_012412

山手学院模擬国連(YMUN)開催

12月17日(土)、自校開催は初となる山手学院での模擬国連(YMUN)を開催しました。日本模擬国連日吉研究会の協力を得て、実際の国連本会議と同様の手続きのもと、各国の大使の立場から活発な議論を行いました。

最後の振り返りでは、「次回もぜひ参加したい」「今度は前半から緊張せずに意見を言えるようにしたい」「次は担当した国について、もっと調べてから臨みたい」などの前向きな意見が多数あがりました。今後の発展が期待できそうです。

Img_795112

Dsc_37072_2

Dsc_37252_2

オーストラリア・ホームステイ2016

中学3年生のオーストラリアホームステイ現地報告は

こちらから

(11.15:更新:最終日の写真を追加しました。)

1976年ESⅡ留学40周年記念セレモニー

10月7日(金)、1976年のESⅡ(オーストラリア・ニュージーランド組)留学40周年記念セレモニーが行われ、当時の留学生15名とそのご家族、日本側の交換留学生7名と、当時のESクラス担当の元教員など、総勢30名のゲストが山手学院を訪れました。

セレモニーはカフェテリアで行われ、11月にオーストラリア・ホームステイに行く中3生たちが、ゲストの皆さんをスピーチや歌で歓迎しました。

当時の交換留学生は、40年を経た今でも全員が連絡を取り合っていたそうで、山手で繋がったその強い友情を、中3生も特別な思いを持って感じていました。

ゲストの皆さんにもとても喜んでいただき、よい一日となりました。

Img_3635s

Img_0026s

シンガポールACSI・リターンプログラム

9月6日(火)シンガポールより19名の生徒が来日しました。

7月に山手学院から25名の生徒が訪問したシンガポールACSInternationalよりの

リターンビジットで、1週間ホームステイし山手学院の授業に参加しました。

Image1s

授業以外にもお寺や幼稚園へ出かけ、ボランティア活動をしたり、放課後には剣道や空手、

茶道などの部活動にも参加して、山手生と文化交流をする機会もありました。

Image2s

Image3s

Image4s

週末はホストファミリーと過ごし、月曜日は出発間際まで中学3年生の英語の授業に参加して

コミュニケーションを取るなど、盛りだくさんの1週間でした。最後はホストの生徒と涙ながらに

お別れをし、山手学院を出発していきました。

昨年より始まったシンガポールACSIとの相互交流も今年で二回目を迎え、来年に向けて

さらなる絆を深めることとなりました。

交換留学生入校式

 山手学院独自の交換留学制度を利用した留学生の入校式を9月1日に行いました。

交換留学生、メーガン ザブロツキさんは、カナダのアルバータ州エドモントンより来日

した生徒で、2017年7月までの約一年間、山手学院の生徒として共に学びます。

 山手学院の交換留学は家庭同士の交換となりますので、ホストファミリーを引き受けて

いただいているご家庭から、同時期に本校生徒がカナダへ留学しています。

Es

また会う日まで…

2週間のリターンビジットが無事に終わり、227名のゲスト生が帰国の途につきました。

忘れられない2週間を共有して深まった絆は、これからも永く続くことでしょう。

Dsc_3527

Dsc_3597_2

Page Top:このページの先頭へ