新着情報山手学院News&Events

2013年1月

センター試験 応援風景

 今年のセンター試験会場は横浜市立大学でした。正門前では高3の先生方が試験場に向かう受験生を激励。先生方の声援を受けて緊張のほぐれた山手生は、志望大学への思いを胸に、入試のスタートを好調に切ったようです。

001_2 002   

今年度もあと僅か


今年度もあと僅か

 平成24年度も残すところあと僅か。君たちの後輩となるべく小学生・中学生が受験する入学試験も来月から始まります。どんな子供達が入学してくるのか、今からとても楽しみにしています。3月9日()は、第42回高校卒業式、14()は、第45回中学卒業式、【別れの季節から出会いの季節】へと移り変わりの季節が近づいてきました。人と人との出会いを大切にしたいものです。

2月13日の高校入試合格発表をもって、今年度の入学試験は終了し、14()から通常の授業が始まります。2週間後の3月1日()~3月5日()には学年末試験です。あっという間に今年度は終わることになります。始業式等、様々な場面で注意喚起をしてきましたが、進級・卒業が危ぶまれる人は、最後の学年末試験に全力を尽くすこと。小テスト・提出物・授業態度にも気をつけること。「何とかなるだろう。」とか、「何とかして貰えるのでは。」とは思わないように。「あの時もう少し頑張れば・・・」とか、後で後悔しても遅いのです。勉強は誰かのためにするものではない。自分自身のためです。己との戦いです。みんな揃って、新しい平成25年度を迎えようではありませんか。

 

インフルエンザ対策を

今年もインフルエンザ流行の季節に入りました。現在、神奈川県では「流行警報」が発令され、9割はA香港型だそうで、山手学院でもインフルエンザによる欠席者が増加しています。先週は、中学のあるクラスが学級閉鎖となりました。インフルエンザは感染しやすいので、疑いがあったらすぐに病院で診察を受けて対処していただきたいと思います。ご家庭におかれましては、健康観察・うがい・手洗い・咳エチケットの徹底等、引き続きのご指導をよろしくお願いいたします。

 

 
 

インフルエンザの症状をチェック!

 

熱の他に2つ以上当てはまった場合はインフルエンザの可能性が高い

 

  ■38℃以上の熱がある   

 

  □鼻水、鼻づまり      □関節痛、全身痛がある

 

  □せきが出る        □呼吸困難または息切れがある

 

  □のどに痛みがある     □胸の痛みが続いている

 

 □頭痛がある        □2日以上、発熱が続いている

 

                □症状が長引いて悪化してきた

 


中学校合唱コンクールに参加して

 1月28日、鎌倉芸術館で開催された合唱コンクールに出かけてきました。どのクラスも歌声は力強く、クラスのまとまりが感じられ、すばらしい発表でした。さすが、山手生!他のクラスの合唱を整然と静かに鑑賞する態度も大変りっぱでした。何よりすばらしかったのは、数年前から生徒主体の行事となり、各クラスから選出された総勢32名の合唱委員の生徒達が当日の司会・進行は勿論、様々な諸準備にあたり、また、準備期間中のクラスの合唱練習(朝や放課後)などでクラス全体をまとめあげ頑張ったことです。

1・2年生もよく頑張り大きな声が出ていて、練習の成果がいかんなく発揮されていましたが、さすがは最上級生の3年生、昨年までの2回の経験が生きているのでしょうか?クラスのまとまり・綺麗なハーモニー・リズム感・声量・曲想どれをとっても、すばらしい!の一言。感動しました。ほとんど差はありませんでしたが、グランプリに輝いた3年1組の合唱は、ご出席いただいた保護者の方々を始め、会場の生徒諸君もあまりのすばらしさに聞き入ったことでしょう。

賞発表どきのあの雄叫び・涙・歓声、あの興奮は、一生忘れられない感動的な思い出となることでしょう。入賞するにこしたことはありませんが、賞が取れるかどうかはあくまでも結果であって、発表までに費やした過程が大切なこと。クラスが一つにまとまり、みんなで協力し支え合い「心のハーモニー」である一つの曲を創り上げる喜び、今後の学校生活にきっと生きてくるはずで、山手学院でのすばらしい思い出の一ページに刻み込まれたことと思います。

今年で第8回ということで言えば、まだまだ伝統的な行事とまではいきませんが、みんなで協力し、生徒達が主体となって、創り上げる今後楽しみな文化的な行事でした。この合唱コンクールが山手学院中学校のよき伝統行事になっていくことを願ってやみません。

生徒のみなさんから明日からの活力と元気をもらった合唱コンクールでした。『どうもありがとう!』

 

受験生の皆様へ

 受験生の皆さんは、日々入試に向けて頑張っておられることと思います。
 さて、東日本大震災の経験から私たちは、いつ、そうした天変地異に見舞われるかわかりません。それが大事な受験の日ということもありえます。そこで、東京都と神奈川県の私立中学校・高等学校では、もしもの場合に備え、皆さんが安全にそして安心して受験できる体制を準備しています。
1.軽微な地震によって電車が遅れた時には、各学校が試験の時間を変更するなどして対応することがあります。
2.ほぼ全ての電車が止まり、動き出す見込みがたたないような大きな地震が起こった時には、
  予定されている入試を全て中止し、後日、各校が一斉に繰り下げて再開することで、
  皆さんが混乱しないようにします。
 地震が起こったらあわてずに、まずは必ず学校のホームページ等で対応を確認して下さい。

中学入試 出願状況

中学入試の出願受付が始まりました。

出願状況は ここから ご覧になれなます。

Page Top:このページの先頭へ