新着情報山手学院News&Events

2011年12月

冬休みに向けて

 平成23年も残りわずかとなりました。22日からは、待ちに待った冬休みですね。今年の日本における重大な出来事は、3月11日に発生した未曾有の東日本大震災とその後の福島第1原発事故につきるのではないでしょうか。今現在、お亡くなりになられた方は1万5842人、行方が不明とされている方は3481人、避難されたり転居された方は33万2691人にも上ります。家族や家や仕事を失い、プレハブの仮設住宅で新年を迎える人も大勢います。今大切な事は、君たち一人ひとりが今日という日を有意義に生きること。迎えては送る日々を悔いのないよう過ごすことなのです。明日の日本が、将来の日本が元気になるために。今年の世相を1字で表す「今年の漢字」が【絆】に決まったそうですね。家族との絆・友だちとの絆の大切さを改めて感じる一年だったのではないでしょうか。この冬休み中、普段なかなか会うことができない友人と親交を深めたり、家族と楽しい時間を過ごし、コミュニケーションを取ることも大切です。是非、絆を深めて欲しいと思います。
 年末・年始は、何となく慌ただしく、気持ちも緩みがちになります。夜更かし・暴飲暴食など、生活のリズムや体調を崩さないよう十分に気をつけて下さい。インフルエンザも流行シーズンが始まったそうですよ。
 2学期の成績はどうでしたか。3学期は、入学試験や卒業式などにより、自宅学習となる日もあり、授業日数は1・2学期に比べて少なく、あっという間に新年度を迎えます。勉強の遅れが心配される人は、日々の努力を怠らず今までの分をしっかりと取り戻すよう頑張って下さい。特に、冬休みは、1・2学期の総復習をするには最適です。クリスマス気分・正月気分に浮かれず努力を惜しまないこと。3学期は、1月10日・11日には実力テスト、中間試験はなく、3月上旬には学年末試験があります。試験の結果は勿論ですが、提出物をきちっと仕上げて提出期日を厳守、日々の授業態度、授業を受ける姿勢にも気をつける。当たり前のことを当たり前に行うことも大切なことです。
 高3生は受験シーズン本番、1月14日・15日にはセンター試験、志望する学校に見事に合格できるようラストスパート!最後の最後まで諦めず、これからの頑張りが最後には生きるはずです。
 部活動や冬期講習などで登校する際は、不審者に十分注意して下さい。被害に遭わないよう、登下校中は勿論、校内においても、単独の行動は避け、常に、複数で行動をして下さい。冬休み中は、日が暮れるのも早く、日によっては夕方には薄暗くなり、また、普段よりも学校内も閑散とします。登下校時、もしものときには、すぐに110番をするとか、近くの人や周囲の商店に助けを求めるなどして下さい。事故等、緊急なことがあれば、必ず学校に連絡をして下さい。山手学院では、12月29日~1月3日の間も、学校警備員さんが24時間常駐しています。全員が事故なく無事に新しい年のスタートとなる1月10日の始業式を迎えられることを祈っています。新しい年が山手学院にとって良い年であるように!

Page Top:このページの先頭へ